男性不妊の90%がこれ

≪造精機能障害≫
男性不妊のほとんどは精子を作る機能に異常があって精子をうまく作れない、または精子がまったく作れないという、精巣(睾丸)での精子の生産障害で、これを「造精機能障害」といい、男性不妊の90%近くを占めています。

造精機能障害には、射精した時の精液の量が少ない「精液減少症」
精子の数が少ない「乏精子症」、精子が全くない「無精子症」
精子の動きが鈍かったり元気がないといった運動率が悪い「精子無力症」
精子があっても全く動かない「精子不動症」、奇形の精子が多い状態の「精子奇形症」などが
あります。

それぞれの症状で、治療は異なってきますが、基本的には薬剤治療や漢方を服用して正常精子の増産を試みます。
それでも、増産が希望値に達しない場合、精巣にメスを入れ正常で運動率の良い精子を直接取り出す方法を試みる生殖補助医療という選択もあります。

造精機能障害の原因の多くは先天性のものですが、甲状腺疾患・抗癌薬・放射線治療の影響などの後天的要因もあります。
精子がまったく作れない精巣であると診断されない限りは、女性不妊よりも明確な原因がわかっている分、治療さえすれば妊娠率は高まるのが男性不妊です。
病院での造精機能障害検査は、精液検査などを行ないます。
まず、1週間ほど禁欲した後に精液を採取して、精子の状態を調べる検査です。

無力症

>>精子無力症に効果のある
サプリの詳細はこちら<<