精液改善をもたらす食事

精力増強や体質改善のためにも毎日の食事が大切です。

ジャンクフードやインスタント食品などに多く含まれる添加物は、
精子や生殖機能に悪い影響を与えます。
アルコールやカフェインも多く摂りすぎると精液に悪い影響を及ぼします。
食事で精子を元気にし生殖能力を高めるためには、
精子によいと言われるサプリメントで補うことも重要ですが、
まずは食事から改善していくことが大切です。

飽和脂肪の摂取量が多い男性は、摂取量が少ない男性と比べ、
精子の数が少なく精子の品質も低いことが発見されました。
飽和脂肪は、牛乳やバター、チーズなどの乳製品、
豚や牛のような赤肉の脂肪に多く含まれており、
この摂取量が多すぎるとコレステロール値の増加、心臓病のリスクの上昇にもつながります。

男性の生殖能力と精子改善のためには、野菜や果物・魚・豆類・全粒穀物などを多く含む、
いわゆる健康的な食事にし、1日のカロリー摂取量を調整することが大切
になります。
暴飲暴食や、逆に食事を抜く事は体にとっても精液にとってもよくありません。

《精子に良い食事》
ビタミンC、D、E
亜鉛(牡蠣・数の子・ごま・アーモンド・海藻・玄米・レバー・ホタテ・たらこ)
セレン(鰈・真いわし・わかさぎ・かつお・まぐろ・ホタテ貝・牡蠣)
カルシウム
マカ
葉酸(レバー・ほうれん草・アスパラガス・枝豆・うなぎ)

男性不妊治療における効果と言われる食事療法としては、
これらの食品をバランスよく摂取することです。
なるべく食事から摂取する事が望ましいですが、
マカなどはサプリメントを利用するのが良いでしょう。

無力症

>>精子無力症に効果のある
サプリの詳細はこちら<<