クラインフェルター症候群による男性不妊

クラインフェルター症候群は性染色体の異常により生じます。
ヒトの性別は性染色体において、XXを女性、XYを男性であるとされています。
しかし、1000人に1人の割合で生まれつきXXYの性染色体を持っている場合があります。
Y染色体が存在するため、身体の形態は「男性」になります。

幼児期にはとくに症状はみられませんが、思春期からの精巣の発達が進まず、
精巣が小さく無精子症となりますが、外性器の発達はほぼ正常
です。
不妊の検査で初めて気づかれることがあります。
自然な形での妊娠が難しい場合が多いですが、精巣内にわずかながら精子が発見される例もあります。

性腺機能の低下は未治療の場合、集中力の問題や、気分変動その他の感情・行動障害の原因ともなりえます。
また、骨粗鬆症などの様々な合併症状にもつながりえます。
これらは、テストステロン補充療法で防ぐことができます。

無力症

>>精子無力症に効果のある
サプリの詳細はこちら<<