精索静脈瘤による男性不妊

精策静脈瘤は、精巣から腎臓にむかう静脈にこぶができ、血流を滞らせてしまう疾患です。
血流が滞ると、精巣の温度が上昇し、精子をつくる機能が大きく低下してしまいます。
実は不妊に悩む男性の約40%の高い確率で見られる疾患に精策静脈瘤があるといわれています。
ほとんどの場合において、痛みなどの自覚症状がないため、きちんと検査を受けてチェックしなければ発見することは出来ません。
大人になって不妊治療の際に、はじめて発見されるケースが多いようです。

病院では、精液検査や陰嚢を見たり手でさわって静脈瘤がないかどうかを確認します。超音波(エコー)検査を行うこともあります。
精策静脈瘤による無精子症の男性でも20~30%で精子が見られるという結果があり、治療を行うことで不妊も改善できると思われます。

軽度の場合は、漢方薬やビタミンEを服用し、人工授精にトライします。
また、精索静脈瘤の治療には手術があります。
手術の方法として精巣静脈高位結紮術、腹腔鏡下精巣静脈結紮術、顕微鏡下精巣静脈低位結紮術などがあります。
いずれも逆流する精巣静脈を結紮することによって静脈のうっ滞を改善させることを目的とした手術です。

無力症

>>精子無力症に効果のある
サプリの詳細はこちら<<