体外受精の種類

【体外受精・胚移植】
すべての不妊治療が対象となりうる。
       ↓
比較的身体に負担をかけずに、実施できる利点がある。
凍結卵の技術とともに今後妊娠率は上昇していくものとみられる。

【ギフト法】
少なくとも一方の卵管が通過していること。
癒着が少ない。
       ↓
腹部に腹鏡の切開穴又は小さな切開を行って実施する。
妊娠率が高い。
回数には限度がある。

【顕微鏡受精】
IVF・ET・GIFTで妊娠できない場合。
精子が極めて少ない場合。           
精子の運動率が低い場合。
       ↓
限られた施設で行っている。
成功率はまだ低い。

無力症

>>精子無力症に効果のある
サプリの詳細はこちら<<